夕日ヶ丘団地2
 

■第2回「住いの学校」ワークショップ

先日、7月7日に第2回「住いの学校」のワークショップが行われました。 今回のワークショップは「暮らしの運営を考えよう」と題して自主管理に ついて5班に別れて皆さんと一緒にいろいろと考えました。


   B棟と雑木林
前回のワークショップの時に配られたヘチマが成長していました。
B棟の方は1階と2階で協同でネットを張り、ご一緒で育てていました。2階のバルコニー当たりまで成長していました。
A棟3階の方のヘチマは目を見張るぐらい早く、空に張ったネットにまで成長していました。

ワークショップ(WS)は他の県営住宅の管理人さんから経験上困った事や工夫していることの お話をお伺いしました。 続いて県や市の方から県営住宅の管理の現状と実際に起こったことや住民さんが工夫していることなどを紹介していただきました。 次に自主管理上の課題を整理してみました。
@共用部分の清掃や植木の世話
A集会場の使い方と鍵の管理
B共用部分の保守点検
C駐車場の利用方法
Dイベント・お祭りなどの企画実施
E行政や周辺自治会との対応窓口
さらに課題についてどのようにしたら良いかを各班で話し合い提案発表しました。 いろいろ意見が出ました。例えば
@については、
区画を設定して各自責任を持って実施する。みんなで定期的に清掃しましょう。など
Aについては
使い方のルールを決める。今は集会場の利用まではまだ目がいってない。など
Cについては
2台目以降はどうするか。必要台数の把握をする。県住全体の駐車台数を把握し、 使い方を皆で話し合う。など

難しい課題にもかかわらず皆さん真剣に話し合っていました。第2期、3期の入居者の事も ありますが、管理人さんのサポートと引き続き話し合うために仮の班長さんが各階から選出されました。



   B棟のヘチマ
今回のWSの感想を少し紹介します。

○これからも住民の交流を深められればいいと思います。
○3ヶ月ちょっと住んでみて皆さんの暮らしの中での問題点がよく分った。 その点を解決していくためにもなるべく早く皆で話し合う場を持ちたい。
○今日皆さんと話し合いができうれしく思いました。


   3階テラスのヘチマ
○有意義な集会であり本音の部分が多く聞かされ勉強になりました。
○今回初めて参加させてもらったのですが、とても充実した話し合いになったのではと 思いました。県からの集まりだけではなく団地内で集まりが必要なのではと思いました。
○いろいろな問題点を話し合いました。役割分担して管理さんを助けようと思います。

次回は9月1日です。 子供のためのイベントを考えています。
■第1回に戻る
■What's newに戻る
■作品に戻る