仕事

ご相談・仕事の受け方■


住宅づくりは決定することがたくさんあります。 その人の生き方までを決定しなければならないときもあります。 人がより幸せになりたいという本能が住宅に求めるからです。 子供のことや自分の将来のことから日常の生活習慣の再認識、 そして気に入っている絵をどの壁にかけるかまで決めなくてはなりません。 ハウスメーカーの展示場でモデルハウスと同じ完成品を買ってしまえば、 一緒に幸せが手に入ると思っている人以外は、この苦労が待っています。 我々は多くのお手伝いが出来ます。

□仕事の流れ
○ 建築相談
○ 現地調査
○ ヒアリング
○ 設計監理契約
○ 基本設計
○ 実施設計
○ 申請手続
○ 工事見積(施工者選定)
○ 工事着工・現場監理
○ 工事完成・引渡し

□建築相談
まずはお気楽にご連絡ください。建築についての事又は建築以外の事、何でも結構です。 「何を相談したら良いのだろうか?」「こんな土地で、本当に建つのだろうか?」など、 少しの疑問でも、可能な限りアドバイスします。費用は無料です。

□現地調査
住宅を建てようとする土地とその周辺の調査を行ないます。 土地の形状や周辺にどんな建物が建っているか、又日照や通風は確保出来るか、 そしてガスや電気などのインフラが整備されているかなどを調べます。 又、役所(関係諸官庁)で土地の都市計画法や建築基準法などの制限なども調べます。 土地の測量図又は登記測量図のご用意をお願いします。 また設計契約に至らない場合は実費をいただきます。 設計契約後、土地の強度(地耐力)を調べます(設計料とは別費用が必要です)。

□ヒアリング
お客様の家族構成やご希望、又工事予算などをお尋ねして、簡単なプランを作成します。 今後、お話を進めるためのたたき台とします。

□設計監理契約
ヒアリングのプランや相性などを参考にしていただいて「大丈夫!」 と判断されたら具体的な設計業務へと移ります。 この時に設計監理業務委託契約書の締結を行ないます。

○ 設計監理業務委託費
工事費の8〜12%程度です。
工事費(木造)   設計費率
2000万円   約12%
3000万円   約10%
6000万円   約8%
上記は目安です、又RC造や監理内容で変わります。見積書を提出します。

○ 支払時期は、
委託契約成立時   20%
実施設計完了時   40%
上  棟  時  20%
竣  工  時  20%

□基本設計
ご家族の皆様からお意見や要望をお伺いしながら、設計を進めていきます。 ご家族それぞれの快適さや健康、そして趣味、 又将来の事など多岐にわたり皆様と一緒に考えながらプランを作っていきます 構造や外観そしてコストなど建築のさまざまな要素を自由な発想で計画していくつもりですので、 十分な時間をかけましょう。最低でも3〜4ヶ月かけましょう。 プランが決まれば、簡単な模型を作成し部屋の関係や光の入り具合など空間を検証します。

□実施設計
プランが決まりましたら、工事が出来る図面や見積が出来る図面を作成していきます。 この時はあまり打合せはありません。細かなことの確認ぐらいです。 又この段階の大幅なプランの変更は無駄な作業や時間が多くかかり別途費用となりますので、 出来るだけ無いようにしましょう。時間は1.5〜2ヶ月必要です。

□ 申請手続
確認申請など必要な申請手続を行ないます。約1ヶ月かかります。 開発許可申請(都市計画法)が必要なときは、別途費用となります。

□ 工事見積(施工者選定)
実施設計を終えると、施工者(複数)に見積を依頼します。 お客様に知合いの施工者がいない場合はご紹介します。 施工者から出てきた見積書の内容をチェックし、適正化します。 予算金額に合えば施工者を決め、工事請負契約を施工者と締結します。 この時、工事金額が大きく予算と開きがある場合は設計変更を行い調整します。

□ 工事着工・現場監理
工事着工後、平均週に1.5回現場に行き、施工者との打合せや指示、 現場の確認などの監理業務を行ないます。工事費やスケジュールの監理も含んでいます。 又お客様にも現場に来ていただいて打合せや確認をお願いします。 (地鎮祭や上棟式などは別途ご相談します)出来るだけお客様も簡単な工事に参加していただいて、 住宅づくり喜びや苦労を経験されることをお勧めします。

□ 工事完成・引渡し
竣工しましたら現場の検査をします。手直しの後お客様に確認をしていただきます。 工事が完成しましたら施工者より、鍵・保証書・設備機器などの取扱い説明書をお渡しし、 建物引渡し完了です。 外構工事は別途としますが、造園設計士をご紹介することが出来ます。

※以上が仕事の概略の流れです。その物件ごとの条件で少しは進め方が変わります。
■戻る